人生ゲーム。

ゲーム好きの私やからこその発想で

気付いてしまった事をお送りいたします。

少暑苦しいです。

:

いくつかの記事でも書いてる通り

私は何かに夢中になったら

のめり込み具合がハンパない。

やめ時がわからず、延続けてしまい、

気がついたら何時間も経っている。

今までの人生の中でそれが特に現れたのが

ゲームだった。

単調な作業、ルーティンワークが嫌いなので、

ストーリー性があって、サブミッションとか

やり込み要素満載のゲームにとことんハマる。

本気でハマれば寝る間も食べる間も惜しんで

廃人レベルでやってしまう。

例えば、ポケモンなら、

画面上ステータスには反映されないけど

システム内に組み込まれてるステータス数値まで

計算して、理想のポケモンを作るのに非常に燃える。

コンプリートは、できればやりたいけど

根性があるわけではないので自分の判断で

もういいやーと思えば99でもやめられる。

けど、

ここまではやる。このシナリオは絶対観る。

ていうのが決まると

ゲームの完成度でいうと80でも、

そこまでは全力でやり込む。

寝る間も惜しんで食べる間も惜しんで。

エンディングが近づくにつれて

キャラクターにも愛着湧いたし、

終わるのが寂しくて

無駄なレベル上げや村人と会話したりして、

名残惜しく徘徊してしまうくらい。

熱く語りすぎたけど、、、

廃人レベルでやってたのは

もう10年くらい前の事なんやけど、その時に

ゲームって楽しいけど

いくらやり込んだからといって、

現実世界には何にも反映されへん。

こんなゲームみたいなことやるのが

仕事になればいいのにー。

でもだからってゲーム会社に勤めるのは

なんか違うねんなぁ。

って思っててん。

この間久しぶりにやり出したゲームも

あっという間に3〜4時間経ってて、

おんなじ事思った。

ゲームみたいなことやって

仕事になればいいのになー。

でもゲームは現実世界では

何の役にも立たへんねんなー、、

そして、本日、

出張で関西に向かってる早朝の電車内で私は、

PC取り出して黙と

仕事で必要なデータ表を作っていました。

1時間半。

膨大な量の項目と数字を整理するのと、

会議資料作りが楽になるように

エクセル表作りまくり。

ふと、

これ、もはや趣味の領域やな

と思いました。

そして気が付いてしまいました。

おいおい

データ整理がまるで作業ゲーム感覚

になっとるやないか。と。

夢中に黙とやっとるやないかと。

ゲームみたいな事やって仕事

しとるやないかいー

こうすれば、後自分がやりやすい

というそれだけの為に。

やべー。

気付いてしもたー、、

上司から、取引先からの難題は次なるミッション。

従業員とのコミュニケーション、

育成は、サブミッション。

キャラ別に起こるイベントの数、、

それにより

それぞれのキャラへの思い入れが強くなる。

査定はステータス確認。

旅(出張)に出て世界を広げる。

色んな人に話を聞いて攻略法を探る。

本屋には攻略本、

ネット(ブログなど)には攻略サイトがある。

上司からの評価が、達成度として表れる。

この上なく、やり込み要素満載。

そして、お金もらってる。

ゲームみたいな事ができる環境で

お金稼いでるやん私。

自分が望んだ世界にちゃんといたわ、、私。

おっどろきー。

まさかこんな見方をするとは、おっどろきー。

しかし、、これには心配事が。。。

それについては、また次回にしよう。

長くなった。

いやー、、、しかし、まいったね!

どうしよう?頑張る?この仕事。

()?(笑)